コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

被災地の今

昨日の続きです。

IMG_1191.jpg

50センチほど地盤沈下したため、マンホールがとびだしています。
ここは海際ですが同じ現象は内陸部でも多数みられ、うちの近所のマンホールも、みんなとびだしていました。

IMG_1185.jpg

IMG_1162.jpg


立ち入り禁止地区の対岸。瓦礫の山が見えます。高さはゆうに10メートルを超えていると思います。
何時まで残るのか、見透しが付いていないようです。


中古車展示場ではありません。

IMG_1172.jpg
すべて、津波の被害を受けて、廃車になった自動車です。
数ヶ月前までは、もっと沢山三重~五重の層に積み上げられていました。
だいぶこちらは、処分が進んだようです。

IMG_1175.jpg

この家も解体されずに放置されたままです。
このさき、どう処理するのか決まっていないのでしょう。

IMG_1176.jpg

宅地や水田、畑だった土地です。貝殻が混じっています。
完全に海の砂をかぶった証拠です。塩害で、津波の被害を受けた農家は何も作付けできませんでした。
もっと内陸で比較的被害の少なかったところでも、塩害対策のため、水田に何度も水を通して、塩抜きをしているところです。

IMG_1167.jpg

道路横の柵が、海側にずっと倒れています。
恐らく引き波のせいだと思われます。
押し寄せた波に巻き上げられた物は、一気に引き波で、海の中に持っていかれたのだと思います。
その力の強さが、よくわかる光景です。

IMG_1165.jpg

この地域一帯は沢山の農家でした。ほとんどのビニールハウスが全滅していました。東部高速道路に行き当たるまで、海からずっと平坦な土地で、高い建物もほとんどありません。沢山の方が逃げ切れずに、津波の犠牲になりました。




あの悲劇から11ヶ月。沢山の方が、仮設住宅で辛い暮らしをおくっています。
私には、まだまだ復興の希望が見えてきません。
本当に痛ましいことです。
友人が小学6年生の甥を無くしました。
同じ6年生の息子をもつ自分としては、友人のお兄さん夫婦、特にお母さんの気持ちを思うと涙が止まりませんでした。


私は、宮城県沖地震の時、小学5年生でしたが、幼な馴染みの子を亡くしました。
その子のお母さんの悲しみ方も、もう言葉で表せる物ではありませんでした。
雨が降る度、お墓に傘をさしに通っていたそうです。

最近もまた地震が増えてきています。
どうか、このような悲劇がもうおこらないことを、心から祈ります。



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


FC2プロフ

フリーエリア
FC2カウンター
最新記事
メールフォーム
ご意見ご感想、情報などはこちらのメールでどうぞ*

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
検索フォーム
キーワードを入力して、「検索」をクリックしてね。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。